ニュース

ProxmoxにCEPH突っ込もうぜの巻・その1・インストール編

はいはーい、さて、今日はいよいよCEPHインストールの巻です!

まず、ログインして、ノードを一つ選択し、「Ceph」カテゴリに行きます。

CEPHがインストールされてないので、インストールボタンが画面の中央に出てきます。それを押します。

前置きはいいか、、、まぁ、「詳細」を押しといてセットアップに望みましょう(変更するものはないが、何を設定できるかをみれます)

次へ

「CEPHインストールしやすか?」と出てくるのでエンターキーを

ゴギゴキインストールします。

終わったらこんな感じの画面が出ます。次へ

CEPHの活動アドレスを指定します(これはストレージなどのネットワークを個別にした時用に)

普段、CEPHは3ヶ所にレプリケーションし、それが2箇所まで存在してるのであれば書き込みを許します。

取りあえずそれでいいので、次行きます

おわっただ。

と思いきや、他のホストに同様な事をします

素晴らしいステータス画面。ただし、一ホストだけのCEPHは無駄なので第二ホストのインストールと行きます

ポチッと

ポチッと

ポチッと

ポch、、違う、これは待った後のポチッとだww

初期設定画面がグレイアウトしています。当然です、クラスタ上の初期設定は行っているので。

ここで一つ注意です。並列でCEPHインストールしていた場合、この画面が見えてしまいますが、一つのホスト以外は作業をここで中断しなければいけません。

インストール終了っと

で同じく第三ホスト

じつは記事は続いてたんですが、長くなりすぎて壊れてしまったみたいです(トホホ)

なので続編を書きます